手入れしだいで変わります

男性のひげは手入れの仕方によって、無精ひげにもカッコ良いひげにもなります。もともとひげの濃い男性ならある程度伸ばして形を整えれば立派に見えます。しかしひげの薄い男性の場合、伸ばしてもまばらにしか生えないので手入れを怠った無精ひげに見えてしまいます。このような時の工夫としては、中途半端にしないことが大事です。例え薄くても伸ばすならしっかり伸ばすようにします。

 

 

中途半端は良くない

中途半端な長さだとどうしてもだらしないイメージになってしまいます。そして伸ばす部位を限定することがポイントになります。例えば鼻の下にひげをたくわえるなら、そこだけに限定するのです。顎ひげならそこだけを伸ばすようにするのです。このように部位を限定して、そこだけ伸ばすとそれなりにカッコ良く見えます。なぜかというと、そのひげが顔のアクセントになるからです。

 

 

両方は良くない

反対に鼻の下も顎ひげも伸ばすと、まばらなだけに全体に締まりがなく、だらしないイメージになってしまいます。ひげが薄い男性でこれから顔にアクセントをつけたい場合は、1箇所に限定してひげを伸ばすことをおすすめします。ただしその場合、顔の他の部分のむだ毛は奇麗に剃ることが条件です。余分なむだ毛があると、せっかくのアクセントのひげが台無しになります。