食事のマナーも知らない子供がいます

食事のマナーも知らない子供がいます

家族で食卓を囲む食事はマナーや食文化の勉強などにも良い機会となると思いますが、最近は一人でご飯を食べるという子供が増えていますよね。

孤食といわれているようですが、一人で食べるのでマナーも出来ていない、片付けられない、食事を美味しく楽しく食べる事を知らないなど問題になっています。

当たり前の事なのですが、とても寂しい現実だなと思います。

やはり食事は家族とそろって食べる事が美味しく感じますし、豪華な食事でなくても満足しますよね。

人は誰かとの共同生活や共存から離れることは出来ませんので、マナーは大切だと思います。

相手を大切におもう心であり、礼儀が本来のマナーのあり方なのではないかと思います。

食育アドバイザーは食事のマナーについて学ぶことが出来ます。

これが主婦層の間で人気を高めている理由とも言えるのではないでしょうか。

家庭で学んでいた食事のマナーは、今では食育アドバイザーという食の専門家や学校での食育教育として場所を移して学ぶ時代になっていますね。

日常的に食育を実践しています

梅雨から夏となると夏バテといって元気や気力がなくなるという人が多いですよね。

夏バテ予防に、これを食べましょう、熱中症予防にこまめな水分補給と耳にすることがありますよね。

これも食育の一つです。

食育というと、食事に関するマナーや栄養面の事、調理法などと思いがちですが、実際には日常的に資格のない人も実践しています。

料理教室や料理雑誌には夏ばて予防メニューや食材の選び方など紹介されていますし、インターネットでも検索することが出来ます。

熱中症予防では、こまめな水分補給だけではなく環境を整える必要もあります。

ですが、水分と環境だけでは不十分ですので、普段の食生活にも気をつけて欲しいと食育アドバイザーの人は言います。

食育アドバイザーについて

食欲がないからと炭水化物だけとるのではなく、タンパク質やビタミン類もしっかりとる必要があるようです。

食育アドバイザーは栄養面だけでなく栄養と病気の関係についても学習しますので主婦層に人気がある事がうかがえます。

家族の健康はお母さんの料理が守るということでしょうか。

Comments are closed.